休眠預金って何?

 

休眠預金とは長い間、銀行に預けられたままになっている預金のことを言います。

 

わかりやすく言えば、自分の通帳に入金や出金など何の動きもない

ことを睡眠預金休眠口座とも呼ばれております。

10年以上金融機関にお金を預けたまま一回も取引がない事もいいます。

全国銀行協会によりますと預金が10年以上そのままにしている中で

通帳の残高が1万円以上あるのに持ち主との連絡ができない

1万円未満の残高

この二つが休眠口座になります。

 

  長期間通帳に入ったままのお金はいったいどうなるのか??

自民党と公明党は「休眠預金」されている年間500億円を

NPO法人などの事業に投資できるようにする方針を固めたそうです。

残念ながらこうなったばあいはどうしようもありません。

休眠預金に法律上は時効が決まっており、持ち主と連絡がつかない場合は、

自動的に銀行の利益になります。

日本では5年間、権利が行使されなかった場合に限り、時効消滅。

通帳に残っている残高が一万円以上の場合は銀行からハガキによる通知が来ますが、

それでも連絡しなかった場合、銀行自動的に利益になります。

しかし、時効過ぎても申請すれば「休眠口座」・「睡眠預金」であっても

払い戻しは可能です。

 

休眠口座であっても窓口にて払い戻しを請求しますと応じてもらえます。

金融庁によれば、毎年800億円から900億円の休眠預金が出ており、

そのうちの4割は窓口にての請求で払い戻されます。

休眠口座を管理するためにはお金がかかるので手数料を設定した銀行も

休眠口座が増えるのは日本の場合は口座管理の手数料がただのため

いくらでも簡単に必要ないのに作っては放置するのが原因なんですね。

2年以上取引がない場合は休眠口座となり手数料を設定している銀行もあれば、

年間1200円の口座管理手数料を取り、その手数料の引き落としができない場合

自動的に解約となるところも・・・・。

 

なぜ「休眠口座」が増えるのか・・・・・。

・自分が知らないうちに親が口座を作った。

・学生や結婚前に使ったものの、そのあと放置された預金口座。

・会社の転勤で、転勤前にあった口座も変更せずにそのままにしている。

・キャッシュカードや印鑑、通帳のどれかをなくしてしまい、手続きが面倒になりほったらかしの預金口座。

 

休眠口座や睡眠預金にならないためにどうすべきか?

・銀行窓口で自分の名前や生年月日を問い合わせれば口座があるかどうか調べてもらえます。

・引っ越しや転勤など住んでいる場所変わるときは口座の確認して、

利用しないなぁと思う口座は預金を下ろして解約してくださいね。

・口座作るのに手数料かからないからって簡単に申し込まないで

本当に必要な場合のみにしてください。